新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

1)   会場設営に関する留意事項

・本事業への参加者(三島青年会議所正会員やわんぱく相撲実行委員会も含む)はマスクを持参し、事業中の着用をお願いします(土俵で競技を行う力士は除く)。受付時には手指の消毒を徹底し、取組後は手洗い・うがいを推奨します。

・競技中の選手を除き、参加者は最低1mの間隔を保つようお願いします。

・大声での応援は極力避け、常時大声を出す行為は禁止とします。

・食事中は会話を極力控えるか、マスクを着用しての会話をお願いします。競技実施中の観覧席での食事は禁止とします。

 

2)   事業開催の判断について

・以下の状況に該当する場合は、該当日の事業の実施を中止します。

 

①  わんぱく相撲全国大会およびわんぱく相撲静岡県大会の中止が決定し、安全にわんぱく相撲三島場所を開催することが困難な場合(全国大会・県大会が中止となった場合でも、三島場所の開催が可能かを協議の後、可能であれば実施する)。

②  開催予定期間中のまん延防止等重点措置・緊急事態宣言の発令もしくは小学校休校要請が出されている場合。

理由:現状のまん延防止等重点措置では、三島市の小中学校のグランドを使用する場合、40名の人数制限が設けられているため。

③  期間中に会場である錦田中学校が学級閉鎖や部活動の自粛を行っている場合。

 

※ 上記の開催判断基準は状況により変更する可能性があります。

※「静岡県における国評価レベル」が3以上となった場合、わんぱく相撲三島場所実行委員会での協議の下、開催の可否、開催方法の変更について協議を行います。

※ 練習会については、まん延防止等重点措置・緊急事態宣言の発令下では、中止とします(三島青年会議所正会員に対するまわし締めの講習のみ実施)。

※ 開催日・開催予備日、両日とも中止になった際には、上記の状況が解除された際に、再度本事業の実施を検討します。

 

3)   参加者の健康確認について

・本事業に参加する小学生、保護者および観覧者、三島青年会議所正会員、ご協力いただく三島市相撲連盟および飛龍高等学校相撲部の方を対象に、事業開催日までの1週間の体温および体調を「健康調査票」に記録し、当日提出していただきます。

・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本事業に参加する小学生、保護者および観覧者、三島青年会議所正会員、ご協力いただく三島市相撲連盟および飛龍高等学校相撲部の方が以下の条件に当てはまる場合、本事業への参加をご遠慮いただく場合があります。

①  当日、平熱を超えた発熱(概ね37.5℃以上)、咳や喉の痛みといった風邪症状、倦怠感や息苦しさ、嗅覚や味覚の異常といった症状を訴えている場合

②  当日を含む事業前11日間に新型コロナウイルス感染症陽性と診断された場合(発症日翌日から10日間は自宅療養が推奨されるため、本事業への参加は不可)

③  当日を含む事業前8日間に新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触があった場合(陽性者と接触があった翌日から7日間は自宅待機が推奨されるため、基本的に本事業への参加は不可)